2011/08/28

これからの生き方の話をしよう。(2)


<前回からの続き>
8月7日(日)
三宅洋平×岩上安身 トークセッション&ライブ
わざわざ逗子まで行ってみた。
洋平さんのライブということで、この日は同年代の人が多かった。
静岡にいると原発だとか、今後の生き方の話をわいわい話せる場が無いので、とても貴重な場だなと思うと同時に、そういうことが普通になるように変えていかなきゃなぁと感じた。
はい、洋平さんのセットリスト隠し撮りw
3.11から、世界が変わってしまって、ただでさえ停滞気味だった私の脳内は混乱しすぎ。
何ができるのか、やりたいのか、しなきゃいけないのか全く分からないまま、
それでも今起きている事をとにかく知らなきゃ、何も守れないと思っていた。
無職だし。
この日のトークの内容は、原発メインになるかと思いきや、TPPについてや日本とアメリカの関係性から見る思想みたいなものがテーマだった。気がする。
何事にも言えることで、批判を求めるのではなく解決することを求めることが大事。(三宅)
原点回帰して物事を考える。(岩上)
ってのは、本当に重要。
自分をコントロールすることが出来なくなっているから、今世界はこんなんなんだって。
まぁ、支配しようとすること自体が・・・だけど。
TPPはぼったくりバーです!
という、岩上さんの表現が的を得すぎていて感服。
日本はTPPなんて入らなくてもFTA結びまくればいいだけじゃないの?と、単純な私は思う次第でございます。
今話題の前原さん。
高速道路無料化は、初めからやる気無かった。
っておしゃってたそうで。
「前原さんとアメリカがTPPやれって言うなら、辞めた方が良い。(岩上)」
なんだかこの一言で解決♪って思ったのは私だけだろうか。
属国日本、なめんなよっ☆
おじさんたちが駄目だったら、私たちがやるしかないでしょ!
組織が変わっても体制は変わらないものかもしれないけど、本当に日本人は今変わらなかったらどうなるかわからない。
この日の収穫は、いわき市民のふけ顔の23歳と友達になれたことでした。

2011/08/09

これからの生き方の話をしよう。(1)


7月30日(土)岩上安身さんの静岡トークカフェに参加。
ゲストはプラムフィールド代表、静岡放射能汚染測定室の馬場利子さん。
私の同世代は殆どおらず、40代以上の方が多かったかな?
twitterでイベントを知ったので、20代が多い事を期待していたので少し残念。。。
静岡大丈夫か?!と思ったけれど、口コミが強いことも静岡の強みなのかも。
内容としては、岩上さんのメディアリテラシーの話から始まり、「原発神話のウソ」について。その後は、馬場さんと岩上さんで食品の放射性汚染についてのお話。

岩上さんが来るということで、原発に絡めた政治や経済の質問もあるのかなぁと思っていたが、馬場さん目当ての方が多かったようで、食品についてや心の問題についての質問が多く、良くも悪くも静岡っぽい内容だったと思う。
オフレコの話、面白かったなぁ。
細かい内容は書いていいのか分からないので省略。



一緒に参加した友人は、このイベントに若干の宗教的なノリを感じたようだが、アインシュタインも「宗教なき科学は不具であり,科学なき宗教は盲目である」と言っていたり、人間が集まって科学の問題に向かう以上は、そうなることは必然ではないかと思った。
むしろ、それが全く無い寄り合いのほうが、私はうさんくさく感じるがどうだろう?
それこそ「絶対〜」と言ってしまえる人のほうが信用出来ない。
間違う事が前提で、そこからどう動くかが真価だなぁとつくづく思う。